クリニックでデュタステリドの処方をしてもらいました

薄毛治療クリニックへ

デュタステリド クリニック処方 : プロが教えるザガーロの5つの副作用と安全に使う完全ガイド

父親も祖父も、比較的若い年齢から薄毛になったということを聞いていたので、自分も遺伝的に薄毛になるのではないかと不安に感じていました。
髪の毛を守るためには、頭皮を刺激しないことが大事だと聞いたことがあったので、髪の毛を洗うときもマッサージをするように優しく触り、泡で洗うように心がけていました。
友達が髪の色を染めたり、色を抜いたりしていたので羨ましいという気持ちがありましたが、頭皮や髪の毛に刺激が強いだろうと予測できたので、我慢していました。
おかげで20代は薄毛に悩むことはなく、このまま髪の毛を大事にしたいと考えました。
しかしその期待が裏切られてしまい、30代半ばになると、髪の毛の質に変化があったことを感じるようになりました。
以前は髪の毛に艶があったのに、艶がなくなって、ちりちりの状態の毛が増えたことに気付きました。
ブラシで髪の毛をほぐしていると、根元から取れるのではなく、途中で切れてしまうものが多く、同時に抜け毛も多くなっていることがわかりました。
このままでは薄毛になると不安になったので、思い切って薄毛治療を専門に行っているクリニックに通院することにしました。
実はクリニックに通うまでは、恥ずかしさが先立ってしまい、通うかどうかを悩んだ期間がありました。
しかし男性型脱毛症は、一度発症してしまうと、放置をしていたらそのまま症状が進んでいくということを知り、できるだけ早くから治療を行うことが効果的だということを知ったので、勇気を出して問い合わせをすることにしました。
歯医者と同じように、薄毛治療専門クリニックも、明るい声で対応してもらうことができ、安心しました。

薄毛治療クリニックへ : デュタステリドは自分の体質に合っている